[iPhone] モノト・シチュエーション レビュー

App

Published 2017年5月7日 by 編集長 田口

モノト・シチュエーションとは

販売元: Takahiro Abe
制作スタジオ:unferno studio
対応OS:iOS [iPhone / iPad]

iPhone iPad 専用のテキストドラマアプリケーション。正式タイトルは「MONOTO-SITUATION : LUCID AND DAYDREAM」 (以下、モノト・シチュエーション)。配信開始は、2016年12月14日、執筆時点のバージョンは 1.0.4。

以下、オフィシャルサイトの紹介文より引用。

時代の閉塞感に真正面から挑むサスペンス・ドラマを主体にしながらも、コミカルな日常シーンなどのエンターテイメント性にも富んだ王道のシナリオ。アニメ的な誇張の抑えられた、繊細だが癖のある魅力的なキャラクター。その世界を紡ぎ出すのは、“読む”ではなく“観る”に重きを置いた意欲的な“テキストシネマ”システム。

グラフィカルな演出とテキストで綴る、まったく新しいシネマ体験。新進の unferno studio が放つ、第一弾タイトル『MONOTO-SITUATION : LUCID AND DAYDREAM』。

モノト・シチュエーション ストア評価

現状 iOSのみでのリリースで、評価は 4.3 と高い。

アプリ購入を検討している方々は全てのシナリオが発売されてから考えた方が賢いかと。
「やるドラ」シリーズにハマっていた人には全力でオススメ出来る作品でした。

注意すべきはアプリ容量でフルボイス仕様のため1GB以上のストレージ空き容量を必要とし、これはパズドラ2本分に相当する。

モノト・シチュエーション ゲームシステム

流れるテキストはフルボイスで、随所に細かなアニメーションも入る本格アドベンチャー。とは言えシナリオに沿って選択肢分岐などは無いため、1本道になっている。ストーリーを読み進め、1章が終わった時点で続きを読むか否かでの課金選択に移る。

まずは試しにプレイしてみて、気になる人はどうぞというスタイルに好感が持てる。ただしアプリ内課金なので、家族共有などは行えない。課金情報はApple ID に紐付く形となる。価格は後述。

舞台は近未来の大学

主人公は、不可思議な現象を否定するため日々研究を続ける大学生・伴野紘汰 (CV:吉田 拓真)。紘汰の前に、ひとりの少女・琴坂真奈 (CV:しもがま ちあき) が現れる。神秘的な現象の存在を信じて疑わない真奈との出会いから物語が始まる。

アプリ内課金という構造を採用しているからか、1章だけでもこのゲームの雰囲気が存分に味わえる。2章からは登場人物が少しづつ増え、3章で急展開を迎え始める。2017年5月現在で、6章までのプレイなのだが、続きが気になって仕方がない。

選択肢が存在しない分、アニメの 1クール分を観ているかのような感覚に近い。オートセーブが働くので起動すれば続きから始められ、どこで区切るかはプレイヤー次第。

優れたUI、一人称を表現しきったグラフィック

背景は場面ごとに 1枚画で構成されている。しかし、主人公の一人称視点として描かれているためズームしたり横を見たりとスムーズに背景が動く。

キャラの立ち画、いわゆるスチルも、瞬きや会話、表情の差分など実に多彩。この作り込みが没入感を高めてくれる。この見せ方はなかなかお目にかかったことが無く、とても新鮮に感じた。主人公が伏せて考えるときは画面四隅が暗くなるなど、今どこを見ていて何をしているか、状況把握が分かりやすい。


キャラクターに焦点が合うときは背景に被写界深度が発生する


同じ研究室内でも視点によって背景は動く

テキストも画面右フリックでオートに切り替わる。フルボイスが字幕を読み上げ終わると自動的に次のテキストに遷移する仕組みだ。これを考慮してか、ボイスは心持ちゆっくり読み上げてくれるので早くて聞き逃すという心配は少ない。画面をタップすればテキストオートは即座に解除され、下フリックでバックログを表示できる。


設定画面から操作各種のヘルプを呼び出せる

また、ゆっくりめのボイスと同期せずにテキストを流す設定も可能だ。


ボイスとテキストの同期設定も可能

画面右上が設定メニューの呼び出しボタン。画面操作のヘルプも呼び出せるが、動作 1つで完結できるので心地良い。

不満なし、続きが気になる希有なアプリ

テキストアドベンチャーという観点で見れば、選択肢が欲しいだとか分岐点が欲しいだとか、不満というより要望は出るだろう。あくまで「リッチな漫画コンテンツ」として対峙すれば、減点になる要素ではないと考える。

そして率直に続きが気になる。筆者の個人的見解ではあるが、今後アニメや他ジャンルのメディアミックス展開を考えているのではないかと期待してしまう。モノトシチュエーション トレイラーを見返すと、ことさら映像の見せ方が秀逸で、むしろそうなって欲しいとさえ思う。

フルボイスを堪能できるので、出来ればマナーモード中でもイヤホンでのプレイを推奨したい。

推奨機種
  • iPhone 5 以降、iPad 第三世代以降の端末
  • iOS 8.1 以降
料金体系
  • MONOTO-SITUATION:LUCID AND DAYDREAM 本体(第01章までプレイ可能):無料
  • [アプリ内課金] シナリオ vol.1 (第02章~第06章まで収録):360円
  • [アプリ内課金] エキストラ (お気に入り・各種ライブラリ機能):360円
  • [アプリ内課金] シナリオ vol.1+エキストラ (セット販売):600円

モノト・シチュエーションは全20章を予定しており、続編 vol.2 が2017年10月31日リリースされる。

  • [アプリ内課金] シナリオ vol.2 (第07章~第12章まで収録):360円
  • [アプリ内課金] シナリオ vol.3 (第13章~第20章までを収録):480円 (予価)
モノトシチュエーション ストアページ


Share