[Steam] ABZU(アプス)レビュー

Steam

Published 2017年4月20日 by 編集長 田口

ABZUとは

『ABZU』 はPC版、PS4版で発売された海中アドベンチャーゲーム。

かの名作『風ノ旅ビト(Journey)』を開発したthatgamecompany から独立したメンバーが制作した作品。アートディレクターのMatt Nava氏も移籍したため、ビジュアル面では『風ノ旅ビト』に似たものを感じる。

ABZU セール情報

 本作に日本語版は無いが、言語が必要なのはスタートメニューとオプション程度。

海のなかで泳ぐことがメインなので、ノンバーバル・コミュニケーションで進行する。

プレイに恐怖感なし、8割癒やし

プレイヤーが操るキャラクターは人間のようだが水中での呼吸は気にしなくて良い。ABZUの世界では無尽蔵に潜り続けることができるので死という恐怖は一切ない。呼吸困難でゲームオーバーになることはない、と分かればこのゲームの愉しさが見えてくる。

 シャチやカメなど大型生物の近くで Shiftキーを押し続ければ、捕まって遊覧することも出来る。こののどかさがABZUの魅力。

好き嫌いは分かれる、ジャケ買いが正しい

プレイ内容は、エリアごとの汚染区域をキレイにしていくこと。汚染区域に訪れた瞬間は、不気味で怖いと思うが、死が訪れる訳でもなく、すぐに浄化できるので進行のメリハリになっている様子。

 流れは、汚染エリアに到達する → 青く光る核を調べて、主人公の清い心(?)を分け与える →そのエリアが浄化される → 次のエリアへ汚染エリアを開放すると魚や海洋植物がみるみる集まってくる。こうなれば、次のエリアに進む扉が開かれる。魚たちが活き活きと泳ぐ姿、水中を泳いでいる感覚が秀逸。各所のスクリーンショットを観て気になったのであれば後悔はしないはず。

ABZU レビュー

 水面を下から見上げるたびに息を飲む。 

アクション要素ほぼ無し、実績難度低め

ABZUにおいてアクション要素は無いに等しい。強いて挙げるなら、エリア移動の際に訪れるジェットストリームという激流くらいなもの。映画『ファインディング・ニモ』でカメの大群と乗った勢いのある海流のことだが、別段何かにぶつかったり避けたりはしなくて良い。

このジェットストリームに流されている間に、時折現れる魚群に触れると実績解除(トロフィー)がある。これにおいても取得難度は高くない。

販売体系
  • ABZU :1,980円
  • ABZU Deluxe Edition(18曲のサントラ付き):2,478円
  • ABZU Official Soundtrack :498円 
ABZU 概要
Single-player
Steam実績
フルコントローラーサポート
Steamトレーディングカード

 

必要動作環境
OS Windows 7 64-bit以降
CPU 3.0GHz CPU Dual Core
メモリ 4 GB RAM
グラフィック Geforce GTX 750 / Radeon R7 260X
DirectX Version 11
Storage 6 GB以上
Sound DirectX compatible sound card

 

推奨動作環境
OS Windows 7 64-bit以降
CPU 2.4GHz CPU Quad Core 以上
メモリ 8 GB RAM
グラフィック Geforce GTX 780 / Radeon R9 290X以上
DirectX Version 11
Storage 6 GB以上
Sound DirectX compatible sound card
Steam ページ

ABZU

Share